神奈川県秦野市の有機農業クラブ。野菜、そば、イネの有機栽培。     仲間を募集中! 農業体験・見学はお気軽にどうぞ!
田植えまでの予定
2009年04月01日 (水) | 編集 |
今年よりクラブでのお米作りがスタートします。
うまくできればみそ用のお米の自給と、もち米で餅つきができます。

なにぶん初めてのことなので皆様のご協力とご指導が必要です。



クラブの田圃約1反のうち4割をうるち米(さとじまん)、

6割でもち米(喜寿)を作付けします。

以下、田植えまでの予定です。





4/4(土)  
床土用の赤土確保 育苗箱24枚分をもらい広げて乾かしておく。

4/7(火)  
育苗箱土詰め 赤土をふるって籾殻くん炭と混ぜたものを詰める。

4/11(土) 
代かき 田圃の土をならします。

4/18(土) 
塩水選 塩水(比重1.15)の中に入れ沈んだ種を使用。
温湯消毒60℃のお湯(±1℃以内)に
5分漬けてただちに水で冷やす。
水に浸漬(積算100℃→10度の水なら10日間)。
10℃以下の水で2週間がよい。

1日1回水を入れ替え、水切りする。

4/28(水) 
水を切って冷蔵庫で保管。


5/2(土)  
苗床畝つくり 田圃へ育苗箱を並べる畝をつくります。


5/5(火)  
播種
育苗箱にまんべんなくばら撒き(1箱に40g播種)赤土で覆土。

田圃の畝へ並べてべたがけ資材で保温。

発芽後2週間後にはがして地表面まで水を入れる


5/30(土) 
畦塗り、代かき 畦に泥を塗って固め水漏れを防ぎます。


6/2(火)  
畦塗り、代かき 


6/6(土)  
田植え 40×25cm間隔で2~3本植え。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック