神奈川県秦野市の有機農業クラブ。野菜、そば、イネの有機栽培。     仲間を募集中! 農業体験・見学はお気軽にどうぞ!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業記録(2010年1月23日)
2010年01月29日 (金) | 編集 |
<作業内容1> 玉葱のマルチの直しと補植

・強い風で剥がれたマルチを張り直す。
・畝の両脇を少しクワで掘りおこして溝をつくり、マルチを足で押さえながら溝に入れ土を被せる。

・次に、欠株した部分に苗を補植。すべての補植えは終わらず、残りは2月に実施予定
 
<作業内容2> 中段の畑への乳酸卵殻(4袋 15kG)、牛糞堆肥を巻いてトラクターで耕転

・あらかじめ畑に積み上げられたあった牛糞堆肥の山を箕ですくい、崩しながら、畑一面に一様にまく。
・次に乳酸卵殻も同様に畑一面にまく

・師匠が借りてきたトラクターで、畑一面を耕転。            
 トラックターでの耕耘は、5名で実施。した。

 ※この中段の畑の1/2は、夏ソバ(5月播種)を栽培。1/2は野菜を栽培(さあ何を作付けしましょうか?)

 ※牛糞の成分;ミツハシ牧場の牛糞;副材料・おがくず、わら。発酵期間;5ヶ月。
              主要成分・チッソ0、6%。
                   リン酸0、4%、
                   カリ 0、7%
                   水分  55%
                   CN/比 31・・・・・一寸高い 20%以下がベター
  卵殻の成分: 袋に表記してあるので、写真を見てみてください(見えるかなあ)

  牛糞の投入:土の団粒構造を進めるため。
  卵殻:   土壌のpH の調整(一般的な適正値.6.0~6.5)

<作業内容 3> 種用落花生の選別整理。 全部完了 全量の目方はいかに?
      

本日の参加者:9名 
(師)(編N)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。